大切なお知らせ【今後のお問い合わせについて】

現在の社会状況や様々な要因を鑑みて、しばらくの間、下記の対応をいたします。


結婚式当日撮影商品は提携先の式場のみ対応可能とし、【お持ち込み】での撮影をお断りすることにいたしました。

*【Same day edit】【Digest movie】が対象となります。

*【Profile movie】【Ordermovie】も予約数によってお断りする事がありますのでお早めにお問い合わせ下さい。

*提携先に関してはホームページのAboutページよりご確認ください。


現在、お持ち込みでご予約をいただいているお客様、ご相談をいただいているお客様はもちろん対応させていただきますので、引き続き精一杯頑張ります!よろしくお願いいたします。


まずは理由として、本当にありがたいことに今までもお持込みのお問い合わせをいただく事が多くありましたが、予約状況からお断りしてしまう事がほとんどだったという事。


さらに、ここが大事な部分で、僕自身は、式場様側とパートナーが力を合わせて結婚式を創り、結婚式をより良くする事で本当のお客様の満足に繋がってゆくと思っています。更に、持ち込みで撮影すると式場側に適正なフィーが支払われないという現状に今までずっと憤りも感じておりました。


持ち込み撮影では、先述した状況にありながらも、式場のプランナーさんは事前のお打ち合わせ、会場チェックに同行して頂いたりとなど、おふたりのために精一杯僕たちに対応してくださいました。それによって僕たちビデオグラファーもポテンシャルを発揮しやすい環境が作れている反面、式場様側の業務量の負担、経営の圧迫を考えると心が痛くなっていました。特に映像の場合は、映像の事前放映チェック、エンドロール編集場所の確保等、事前確認事項が多くあります。


今のような状況になり、こうやって書くことに抵抗はあったけど、僕自身微力ではあるけれども、今は業界全体をしっかり見て、自分なりに判断をしていきたいと思っています。もちろん、それぞれの考え方を否定するつもりもありませんし、持ち込みカメラマンさんを否定しているわけではありません。それぞれのフィロソフィーがありますし、これは私たちの暮らしと地続きに繋がっているとても複雑な問題だからです。その中で自分がそう思ったからそうした。というだけに過ぎません。自分は、痛みを伴う今、想像力を持ち、結婚式を創る式場様と共にこの時期を乗り越えていきたいと考えています。


もちろん、「クリエイターを選べない」という点で新郎新婦様は不安になることもあるかもしれません。しかしそれは、その式場様のパートナーのクリエイターさんにまずは相談をしてみる。という事が大切だと思います。新郎新婦様はまず、プランナーさんに相談をし、要望や想いを伝えて頂くのが良いかと思います。


僕自身、色々と悩み考えた結果だという事をどうかご理解いただけますと幸いです。


これからご結婚式をお考えの方がいらっしゃいましたら、是非Aboutページより提携先の式場様をチェックしてみてください。岐阜、三重、愛知−。東海圏の素晴らしいパートナー様ばかりです。


そして、僕たちの映像を見て(たとえ僕たちに映像を頼まなかったとしても)「結婚式がしたいな」と思ってくれる方が増えてくれたら、こんなに嬉しいことはありません。誰かが誰かを想う瞬間が結婚式には満ち溢れています。


共に結婚式を創る歓びをいつまでも持ち続け、また結婚式に携われる日を楽しみにしながら、日々努力を続けていきます。


どうかご理解の程、よろしくお願いいたします。






©2019 /みちのり /愛知県 名古屋 結婚式の映像制作 
mail:info@michinori-film.com

  • ホワイトYouTubeのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Facebookの - ホワイト丸