©2019 /みちのり /愛知県 名古屋 結婚式の映像制作 
mail:info@michinori-film.com

  • YouTubeの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円

師走に思うこと


星座占いでは、かに座は2018年は波乱の年だったそうです。

だがしかし、2019年は「殿」になる年とのこと。

殿って何だ。どういうことだ。

とにかく、だからがんばろう!と

僕を含め、偶然かに座の人ばかりで集まった忘年会の最後はそんな締めくくりでした。

占いの通りかはわからないけど、2018年は僕にとって本当に波乱の年で、ひとつひとつの出来事が尊く、かけがえのないものばかりでした。

そして、いつか終わりが来るという実感と、その時間を残していくこの仕事について何度も反芻し、思いを巡らせた年でもありました。

目の前にあるものや風景が移ろうことを知っているから、僕たちは写真に撮ったり、映像で残そうとする。それを捉えた瞬間に、全部が過去になってしまう。

今自分がシャッターを切った瞬間に、終わりがあることを認めてしまう。その寂しさゆえに、ファインダーから見た景色や人を撮るのを躊躇してしまうこともありました。

今撮った「過去になった時間」は、誰かの未来の時間を使って、過去になった時間を見返すものになる。だからこそ、自分たちが作った映像が、誰かの未来をより豊かに、少しでも何かのきっかけになるものであってほしい。美しい思い出であり続けて欲しいと改めて強く思うようになりました。

今年撮って、まだ見返すことができない映像が、僕にはあります。でも、僕がもうひとつ前に進む時に、背中を押してくれるんじゃないか。移ろう時間の中で、その映像と向き合える日が来る。そういう気持ちでいます。

映画は生き物だとはよく聞く言葉ですが、自分が歩んでいく日々の中で何度も見た映画が、急にまた輝きを増してゆく瞬間があります。自分が作る映像もそうであってほしい。

まだまだ人として未完成な自分が何とか周りの方々に助けられて前に進めた2018年。そして2019年は殿になる年。こればっかりはよくわかりませんが、もっと人として成長していきたいものです。きっと大きく変わってゆく年になるだろうけど、自分が大切にしていることを忘れないために記しておきます。